コンテンツへスキップ

長野ですが、このテーマではなかなかないのでシェアします。

って講師の宮井先生は近所の安曇野市にいる弁護士さんなのか・・。
あいに行ってみたい。

2月15日 午前10時〜12時 ほたかカフェだもんでにて、鉄友会”鉄道好き集まれ〜”イベントをお試しで開催します。
(ワンドリンクオーダーお願いします)

乗り鉄、撮り鉄、音鉄、時刻表鉄・・・鉄道好きには50種類くらいあるそうですが、どんな鉄でも構いません。
今回はE351、E257、E353型のあずさの近くで清掃などで働いている方も来てくださいます。ご自慢のグッズや写真などをもってお越しください。(USBファイルでPPTや画像などでもプロジェクターで写せます)
大糸線に入り込むあずさや、リゾートビューふるさとがくる時間に合わせて、トレインビューのトラックカフェに行くかもしれません。
電車好きの子どもも含む数人でだべっているだけかもしれませんが、ぜひ期待せずに起こしください。

 参加希望の方は事前にメールください。(aruarulabo@gmail.com)

ほくほく堂さんの企画です。
不登校の方、ひきこもりの方、どなたでも。




  

2月8日(土)午前10時〜12時
松本市勤労者福祉センター 3−3会議室
講師 信州大学教育学系准教授 水口崇先生
参加費 無料
要申し込み

恒例の「JDDネットながの」のコラボセミナーです。
「学習支援」がテーマのシンポジウムの他、長野県自閉症協会のペアレントメンターによるグループ相談会、SENSの会による発達障害疑似体験プログラム、よつばの会の保護者の講演会、そして心理士協会、言語聴覚士会などの相談会もありますので医療や教育、福祉で相談したいことのある方は足を運ばれるとヒントが得られるかと思います。
児童精神科医の夏苅郁子先生の講演会とかぶりますが、午後に安曇野市みらいに行けばはしごもできるかな。

あるあるカフェ
今年初のあるあるカフェが、塩尻市総合文化センターの会議室で開催されました。今までで最も多い10名定員中10名という、大賑わいで感謝、感謝です。あいも変わらず、特定テーマを定めずゆるく、流れに任せての開催でしたが、次々と話題が出たので、わたしは楽しく過ごせました。

あるあるラボは月極で大人の部と親子の会と、交互に開催されているのは、御周知の通りです。大勢で語り合うメリットは大きいのですが、内側にこもりがちな人には、話すタイミングがつかめずに、しんどい事も多々あります。通常は最後まで黙って帰っていく人が、ここでは比較的威圧感なく話せると言ってくださったのは、継続していく意義は大きいと実感できた大きなポイントの1つです。

さらに当事者会のような場所で、同じ趣味や志向性が似ている人と友達になる事もできます。今回は初めてムードメーカーも、コーヒーもなかったので、どうなるかなと不安も多少あったのですが、飛び込みに次ぐ飛び込みの連続で、気が付いたら10名になっていたといううれしいサプライズ付きでした。

ついでにいうと、利用料も200円と値下げしました。結果いつもの倍の残金があったので、次回はポケットマネーを使わずに準備できそうで、こちらも感謝でした。これでおごり高ぶらずに、今後も当事者のみならず多くの人達の安らぎの場所として、あるあるカフェを活用していきますので、皆様応援よろしくお願いします~。


樋端が、稲荷山医療福祉センターの診療の後で、大好きな稲荷山ごちゃまぜカフェでお話させていただきます。もう3回目ですのでざっくばらんにいきます。
要申し込みです〜。

新保人間塾を主催。産業カウンセラーでもあり、自閉症協会やJDDネット長野の幹部役員、松本圏域の発達障害サポートマネージャーもされている新保和彦氏のお話です。

2月23日に夏苅郁子先生の講演会@安曇野がありますが、翌24日は「安曇野FMひきこもりラジオ」でおなじみのグランドリッシュの望月美輪さんの講演会です。