コンテンツへスキップ

1

この記事では、
知ったつもりの発達障害 〜伝えあおう わかり合おう〜の
内容について、レポします^^

●前半:樋端佑樹先生のお話

40分という時間の中で、36枚のスライドを用いて、
発達障害についての基本的なことを教えていただきました。

主要な論点は、こんな感じ。

●人間の発達について

●多数派と少数派の発達の特徴

●ASD(自閉スペクトラム症)、ADHD(注意欠陥多動症)、LD(学習障害)
DCD(発達性協調運動障害)などの具体的な障害について

●発達障がいを持つお子さんの子育てについて

子育て支援やスクールカウンセリングの場でも、
「発達」についてのご相談は、ダントツに多いのですが・・・

わが子が発達障がいがそうでないのか、にかかわらず、
先生がおっしゃっていた子育てについての論点は、
とても大切です。

わたしが、やっぱりここだよね! と思う点を3つ挙げるなら、

1.個別に配慮された丁寧な子育て

2.オモロイ感じの子どもを、ええ感じの大人に

3.努力や根性ではなく、創意と工夫

です。

要は、発達障があってもなくても、
お子さん一人ひとりの「個性」=「得意・苦手の特徴」のがありますから、その特徴を見極めて、
苦手なこと=できないことは、配慮と支援で、できやすくするサポートを、
得意なこと=突き抜けていることは、それが発揮される環境で、子どもの成長につなげる!

なんで、できないの!?
ではなく
どうすると、できるかな?

この発想です。

まずは、大人が子どもの個性を見極めて、
適切な支援をしていけば、
子どもは、自分を適切に理解していくことができます^^

自己理解があれば、できないこともなんとかやれるように工夫したり助けをもとめたりすることができ、凸凹があっても、凸凹のままで、なんとか生き抜くことができます。

先生のお話の中でも、
あ、いいなと思うことは、ぜひ取り入れていただき、
お子さんを「ええ感じの大人」に育てる輪を広げてほしいなと思いました^^

・・・そうはいっても、
自分の場合、どうしたらいいの? と思いますよね。

後半の当事者の方たちの語りに、
そのあたりの具体的なお話が満載でした!

次の記事では、座談会のレポを書きますね!

まだ続く・・・。

【この記事を書いた人】

上間春江(臨床心理士)

虹のかけはし/子どものミカタプロジェクト代表
https://happy-mirai-create.jimdo.com/
ブログ
https://ameblo.jp/happy-mirai-create

よく晴れた初冬の日曜日。
諏訪湖畔の片倉館でマルシェ・ド・ノエルというワークショップやフリーマーケットの持ち寄りイベントが開催されました。
発達障害啓発週間に建物(高島城)を青く染めた諏訪のブルーライトアップの関係者が中心になっての実行委員会形式で開催です。

実は今年で3回目だそうですが、歴史と文化の片倉館での開催は初めてだそうです。
片倉館は岡谷の製糸工場などの工女の娯楽施設でもあった温泉入浴施設で、千人風呂で有名です。

今回は大広間を借り切っての開催でした。

かっこいい建物です。

工夫を凝らされた現代建築の塩尻えんぱーくなどもいいですが、松本の”あがたの森文化会館”や諏訪の”片倉館”などの古い歴史的な建物も味があっていいものですね。

 

ツリーなど素敵な建物でクリスマスにの飾り付けもなされ、地域に広く声をかけているのこともあり福祉系のイベントという感じのしないオシャレな雰囲気でした。
参加者も子ども連れを中心例年以上の大勢の参加者がありました。

手作り小物のワークショップ、物販、プラレールコーナーなど様々な持ち寄り企画があり、ステージでは様々な音楽の演奏が次々に。本格的なジャズや歌もありました。
子どもも大人もジャズっぽいトランペットのトトロで大興奮。

せっかくのイベントであり発達障害に関しての啓発をと依頼があり、あるラボなどのイベント情報や日常生活に役立つグッズなどを紹介するコーナーをつくって参加してきました。

各種パンフレットなどに、イヤーマフやノイズキャンセリングのヘッドフォン、フィジェット(ハンドスピナー、グニュグニュボール、石)なども試していただきました。子どもたちにも人気でした。
親子連れや支援の仕事をされている方などに対して、おめめどう®さんのコミュメモや巻カレンダーなどのグッズについても説明をしました。

「ASDの方には筆談は音声言語の10倍くらい伝わります〜。
選択肢をつけて聞いてくださいね。
見えない理由を説明してくださいね。
決まったコミュニケーションのツールがあると先生や支援者がかわっても型がきまっていいですよ。」
などと説明・・。

「知らなかったです〜。いいですね〜。」、と興味をもっていただけたようです。

 

スーパー心理士集団の子どものミカタプロジェクト(ミカプロ)のコーナーも・・。